3月11日に思う ~3年目に我々士業としてできる事~

2014-03-11

3月8日に宮城県立女川高等学校の卒業式と閉校式が行われました。私も3年前からのつながりで学校関係者として呼んでいただき、参加させていただきました。女川高校は東日本大震災が無くても、今年の閉校は決まっておりました。今後は特別支援高等学校として再出発いたします。閉校が決まっていたために、地震や津波により、建物に被害がありましたが、極力簡単な修繕で終わり、お金を投入されることはありませんでした。そのため、校舎はひび割れや穴が開き、冬はたまらなく寒い日々での3年間でした。先生や生徒共に心の傷と校舎の傷に耐え、三年間を過ごされました。皆様大変ご苦労様でした。

現在の被災地

3年経った被災地は少しずつ復興してますが、その進み方は大変遅く、また地域や個々人によって格差が広がってきています。復興計画において当初は高い防潮堤を設ける話が各自治体でありましたが、現在はその計画は見直し、頓挫している地域が多くあります。防潮堤建てても、そこに住む人がいないとか、景観が損なわれるとか色々の問題に直面し、色々な街つくりの計画が見直しされていってます。

まだまだ被災地の今後は遠く見えない感じでした。

またアベノミクスによって、好景気観により、建設業は日々単価上昇し、復興の妨げとなっています。建てる人手がいない、見つかっても、価格が上がっていると、ドンドン苦しくなる一方で被災地の復興は厳しい現状を呈してました。

士業としてできる事

今回3泊4日の滞在でしたが、その間にでも、土地の境界の話、相続の話、不在者の建物・動産の話、行政の許認可遅滞の話、新しい新製品の特許や商標の話などなど、色々と抱えておられる法務の情報をぶつけられました。少しの時間だけだったので、簡単な相談だけで終わりましたが、本当は我々のできることがまだまだあるのだと言う認識が出来ました。今後も被災地の支援を続ける一方、士業としての役目もしていきたいと思っています。

被災地の皆様がこれからも前進していける様に、努力してゆきたいと思い、宮城を後にしました。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top