東北の今

2013-03-05

2月28日から3月3日の4日間、宮城県石巻市に行ってました。一昨年の震災後、私は9か月間、同市に住んでいました。ボランティアも色々と経験させてもらい、自分にとっても貴重な経験をさせてもらった場所です。石巻市は死者約3500人、行方不明約500人の出した今回の震災での一番の被災地です。しかしながら、その事実を知っている方々はほとんどなく、皆様にとっては、岩手も宮城も福島も同じ被災地であまり違いはないのであろうと思われているのでは?同じ被災地には違いはありませんが、その地域の環境などで、被災の規模は地域地域で大きく変わります。今回も石巻に入るまで、仙台市、塩釜市、多賀城市、東松島市なども見て回りましたが、やはり被災の状況は各地で違ってました。支援する側は被災地への支援として色々としていても、本当に支援が必要な人に、場所に届いたのかを、みんなはもっと気にする必要があるし、検証する必要があると思ってます。みんな頑張って復興しようと思ってますが、震災で得する人、損する人が大きく分かれ、それを目の前に見ると、何か動きたいと思う気持ちが大きくあります。
このプログに当分東北情報を流していきたいと思っています。関心ある方は、何らかのご返答などいただければありがたいです。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top