東北の今 ②

2013-03-06

東北第2弾です。今日は進まない復興について。
今回石巻に行くのに、機動性考え、飛行機&レンタカー使いました。仙台空港から石巻へは三陸自動車道使えば、1時間半程度の距離ですが、浜辺の景色が気になったもので、初日ずっと下道にて行ってみました。名取、仙台、多賀城経由して塩釜、東松島、石巻のルートとなります。どこの浜辺も同じように、海辺の集落、街には今は何も残ってません。今回遠回りして多賀城の七ヶ浜にも行ってみました。昔は東北でも有数の海水浴場があったようですが、今は何も残ってない印象です。ただ七ヶ浜地域だけは他地区に見られない高台移転の工事が始まってました。私の知っている限り、他地区はまだまだ高台移転か、そのままで堤防等で対策取るのか決めかねている地区が大半だと思います。もう震災から2年経ってますが、まだ将来の事が全く見えてこないというのが、今の東北の現状です。
我々の体験した神戸の震災では2年経った頃は、復興住宅が着工、完成近づき、そろそろ仮設を出ていかなければと言う話が出始めていたのではないでしょうか?そんな印象を持ってたので、今の東北の現状はあまり遅すぎて、イライラしてきます。復興していくのに、すべての被災者の方々が幸せになっていただきたいのは当然ですが、それの完成度を上げることばかり考え、まず先へ進むという行動力が全然ついて行ってません。東北の方に、そして行政に、まず何か決めて動いてください。それが正解かどうかなんて誰にもわかりません。ただ今だ解体作業も進んでないなんておかしすぎます。進めていきながら、間違えていたら、方向を転換すればいいじゃないですか?まずは仮設から復興住宅へ。今までの土地から安全な都市の確保へ、少しでも進んでほしいと思ってしまった今回の旅でした。
まだまだこれからも東北のお話し続けます。勝手な内容もあり、被災者の方々の思いを理解してないような印象受けさせたら申し訳ありません。私も東北の方々が元気になってほしいと願う一人の市民です。
P.S.昨日2011年の震災後、タンス運びなどのボランティアをさせていただいた方から、たくさんの生ホタテを送っていただきました。今回の旅で、また訪問させてもらい、元気づけるつもりが、こちらが元気いただいたのに。。。有難う阿部さん。また行ったら訪問しますね。おいしかったです。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top