宮城に行ってきました

2013-05-30

5月28日宮城県に行ってきました。3月に行って以来になります。前回は仙台空港から石巻、女川方面を見て回りましたが、今回は仕事の関係で、仙台市内、塩釜と岩沼、名取辺りを見ることができました。
相変わらず、仙台市内はバブルっぽく、人があふれ、活気がありました。久しぶりに青果市場の近辺も行きましたが、平日昼間なのに、人が多く、ビックリでした。塩釜は石巻在中に3度ほど伺いましたが、徐々に町はきれいになってます。今回初めて仙石線にも乗ることができ、感動しました。早く石巻まで開通出来ることをお祈りしてます。
名取辺りも、がれきはすっかりなくなり、仙台空港近辺の田んぼの中にあった、使えなくなった車や船も撤去され、きれいになってました。一番の感動は仙台自動車道の西側は津波の影響で、震災後、塩害から田んぼは放置されてましたが、今年から田植え始めた田んぼがいくつもありました。塩の除去は大変でしたでしょうが、よくここまで復興されたと感激しました。
岩沼は初めて行きましたが、やはり今まで見た浜手と同じ景色で、何もなくなってました。浜手の同じ場所で仕事再開された方とお話ししましたが、以前は防風林の松林で海の音も聞こえなかったが、今は聞こえるようになり、それが少し気持ち悪いようです。また未だ夜間は暗く、帰りは遅くなりたくないという気持ちが強いようです。皆様の気持ちは、まだまだ色々と抱えておられるようでした。
どこも復興はこれからで、計画も決まらないところも、たくさんありますが、あまり急ぐことなく、少しずつ進んでいただければと思った今回の訪問でした。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top