ノロウィルスが流行ってます

2014-01-21

今日は仕事と関係ないのですが、県の食の安全安心と食育審議会委員として、興味ある問題を取り上げます。先ごろ給食のパンを原因としたノロウィルスによる食中毒が起こり、1000人越えの被害者が出ています。又、東日本を中心に日々食中毒事件が起こっており、数十人規模の被害者がその都度起こっています。我々食中毒は以前より注意し手ましたが、ノロウィルスなどの被害は減るどころか近年増える状況です。何故でしょうか?

今日はノロウィルスについて考え、発生を抑制できればと考えております。できるだけたくさんの方々が一読いただければと思います。

ノロウィルスって

ノロウイルスは、とても小さなウイルスです。直径30~40nm※前後で、球形をしています。少量でも人のおなかの中で増えて、食中毒を起こします。
※ nm(ナノメートル)。1nmは1m(メートル)の10億分の1。
発症までの潜伏期間は24~48時間程度です。下痢、おう吐、吐き気、腹痛、発熱(一般的に軽度37~38℃)などが食中毒の主な症状です。おう吐は、突然、急激に強く起こるのが特徴的です。これらの症状は、1~2日程度継続してから治癒するとされています。
調理従業者からの二次汚染を含め、飲食店、旅館等の施設で提供される料理、仕出し及び弁当などがあります。その他の原因としては、生産海域の海水の汚染等の影響による貝類(二枚貝)があります。
感染経路
(1)患者便や吐物(ノロウイルスが大量に含まれる)から人の手などを介して二次感染する
(2)家庭や共同生活施設などで、人から人へ飛沫感染や接触感染などで直接感染する
(3)食品取扱者(家庭での調理者を含む)が感染しており、その人を介して汚染された食品を食べて感染する
(4)汚染されていた二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べて感染する
(5)ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道水を消毒不十分で摂取して感染するなどがあります。

ノロウィルスの処置方法

ノロウイルスの特効薬は、まだありません。ノロウイルスによる食中毒を防ぐには、下記の予防対策を徹底することが重要です。

  1. 加熱が必要な食品は、中心部までしっかり加熱しましょう(中心温度85~90℃で90秒間以上)。また、野菜などの生鮮食品は流水で十分に洗浄しましょう。
  2. 調理器具や調理台は消毒して、いつも清潔にしましょう。まな板、包丁、食器、ふきんなどは使用後すぐに洗浄しましょう。洗浄後に、煮沸消毒をするか、次亜塩素酸ナトリウム※(塩素濃度200ppm)で浸すように拭いて消毒することも有効です。※次亜塩素酸ナトリウム消毒液(塩素濃度200ppm)の作り方 市販の漂白剤(塩素濃度約5%)を250倍希釈して作ることができます(例:5Lの水に漂白剤を20ml入れる。)。なお、酸素系の漂白剤では効果的な消毒はできません。塩素系漂白剤を使用する際は、使用方法を守り、塩素系のものと酸素系のものを混ぜたり、熱湯で使わないようにしましょう。
  3. 手洗いをしっかりしましよう。特に、食事前とトイレの後、調理前後は必ずよく手を洗いましょう。石けん(ハンドソープ)でよく洗浄し、すすぎは流水で十分にしましょう。2回繰り返すとより効果的です。

対策は大変でしょうが、出来るだけの対策と感染時の早めの対処で感染の拡大を防いでください。日々の生活習慣に少しの注意で対応できることもあります。家事の担当をされているお母様方はほんの少しの注意をしてあげてください。

なお当事務所では来年の個人事業主の帳簿保存義務拡大に向けて、会計記帳サービスを始めました。ご興味ある方々は是非一度ご相談お待ちしてます。(会計記帳サービスはこちらへ)

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top