会計記帳代行サービス

個人事業主様向けの新しい会計記帳代行サービスを開始します。

ご存知ですか?平成26年1月より白色申告の方も記帳保存義務が拡大されることになりました。国税庁のHPよりhttp://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/kichokakudai2.pdf

個人事業主様で記帳など全くやってないと言う方々おられませんか?

法律で義務化されたからって、いまさら会計記帳など難しいですよね。当事務所のサービスは、記帳など会計に全く知識もなく、やったことがない個人事業主様向けのサービスです。仕事内容でいろんなサービスを取り揃えております。

会計記帳の義務違反は罰則もあり、またみなし会計での追徴や申告ごまかしには追徴課税(50%)の対象となります。税務署は、これまで甘かった個人事業主への調査も強化されていく方向ですから、記帳はまず行うべき、一番の仕事です。

当事務所のサービスは

  1. 価格が安い
  2. 報告が簡単
  3. 青色申告者メリット活かせる
  4. 月々の財務経過がわかる   と良い事ばかり。

まずは料金表を見てください。

当サービスを使われることで、現在は白色申告者の方々は、今後青色申告者になっていただけます。青色申告は各種メリットがあり、青色申告のメリットが使えば、当サービスの記帳費用も十分浮く可能性もあります。

なお法人の方々向けの記帳サービスも行っております。ただし、決算書類は作成しますが、税務報告書類の作成は出来ません。専門の方々へご相談ください。

青色申告のメリット

  1. 青色申告特別控除 青色申告者のメリットで一番大きいメリットです。最大65万円(平成17年度~)の所得税の控除青色申告特別控除が受けられます。
  2. 青色事業専従者給与控除 同じ生計の 配偶者と 親族(15歳未満を除く) の給与分を全額必要経費とすることができます。別途届け必要。
  3. 事業損失の3年間繰越控除 その年の赤字申告で向こう3年以内に出る所得と差し引くことができるものです。前年も青色申告をしている場合で、本年度に赤字が出た場合は、「前年分の所得税の還付」を受けることも可能です。
  4. 貸倒引当金の設定 貸倒引当金を設定することができます。ただしこのメリットは設定初年度のみとなります。

当事務所の会計記帳サービスでは、日々の仕訳だけではなく、年度終了時の決算資料と共に、青色申告用の書類も作成致します。

料 金 表

(料金には消費税が含まれておりません。消費税は別途、加算してお支払いただきます。)
※全てのタイプに初期設定費用として10,000円が必要です

種類 条件 金額
Aタイプ 1か月の仕訳数1~15件まで 3,000円/月
Bタイプ 1か月の仕訳数16~30件まで 4,000円/月
Cタイプ 1か月の仕訳数31件~60件 5,000円/月
Dタイプ 法人及び1か月仕訳61件以上 12,000円/月

なお契約より仕訳件数が超過した場合は200円/1仕訳いただきます。

まずはご質問やご相談だけでも、下記の問い合わせフォームにてお待ちしてます。

無料相談
Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top