専業主婦の場合、離婚後の年金受け取りの制度が変わったと聞きますが?

2012-11-28

簡単に言いますと、妻が社会保険事務所に申し出れば、夫の合意なくても、婚姻期間中の夫の報酬比例部分(老齢厚生年金)の最大1/2をもらえるようになりました。しかし合意なくもらえるのは平成20年4月以降の婚姻期間中の分のみで、それ以前は夫の合意が必要となります。

夫から暴力を受けていますが、さらなる暴力が怖く、また子供連れで逃げられないので離婚を言い出せません。どうしたらいいでしょうか?

2012-11-28

都道府県にこれらの問題に対する支援センターがあります。まずはセンターか警察に相談してください。支援センターでは相談やカウンセリングだけでなく、必要であれば保護施設の紹介や、自立生活促進の情報提供や援助を行ってます。

夫が大声で怒鳴ったりすることはDV(ドメスティックバイオレンス)に当たりますか?

2012-11-28

身体的暴力だけでなく、精神的暴力、性的暴力、経済的暴力、社会的暴力なども、その行為の内容、頻度、程度によっては身体的暴力と同様に扱われます。詳しくは問い合わせください。

離婚後の生活が不安です。母子家庭としてしてどのような手続きすればいいでしょうか?

2012-11-28

下記のような手続きが必要です。詳しくは市町村の窓口、福祉事務所や専門家に問い合わせください。
1.子の氏(姓)の変更許可申し立て
2.子が母の戸籍に入る場合は入籍届け
3.児童福祉手当
4.児童手当
5.母子医療助成
6.健康保険
7.国民年金

夫が外国人の場合、離婚の手続き変わりますか?

2012-11-28

どこの国の法律が適用されるか?が問題となります。夫婦ともに日本に住んでいる場合は、原則日本の法律が適用されますので、協議離婚も裁判の場合も日本人同様となります。ただケースにより変わります。専門家にご相談された方が良いと思います。

慰謝料等の金額に基準がありますか?

2012-11-28

あくまでも話し合いと収入などにより変わりますが、基準は次の通りです。
扶養料(養育費)・・・子供が成人する期間まで、または大学卒業まで期間で、子供一人3~5万円が一般です。
財産分与・・・基準はありません。婚姻生活中に夫婦間で蓄積された財産を協議のうえで分配します。
慰謝料・・・離婚原因を作り出したほうが、相手に対して支払うべきものです。金額は生活状況などで変わってきます。支払方法は分割でも一括でも、原則可能です。

協議離婚のときに、話し合うべき内容はどのようなことでしょうか?

2012-11-28

次のような内容を書類にまとめる必要があります。
1.未成年の子供の親権者、監護養育権者
2.離婚後の姓と新戸籍の編成
3.子供の扶養料(養育費)
4.財産分与
5.慰謝料
6.子供との面会権
7.現実の別居、離婚届の提出、引っ越しなど

長い間、不倫関係がつづいており、妻と別れたいが、こちらから裁判を提起できますか?

2012-11-28

原則原因ある配偶者(有責配偶者)からの提起は認められません。ただ、まれに別居期間が長い、未成熟の子供がいない、相手の配偶者が過酷な状況に置かれない場合に限り、認められたケースもあります。

離婚の方法は裁判しかないですか?

2012-11-28

夫婦間で協議の上、合意する方法が一番ポピュラーです。協議離婚と呼ばれる方法です。裁判はどうしても合意ができない場合に使われる手段です。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top