後継者がないので農家やめたいと思ってます。農地の売買手続きは、一般の土地売買と違うのですか?

2012-11-28

一般の土地売買のような登記だけで済むことはありません。売却相手先の業種や利用目的、面積により申請手続きが変わります。詳細はお問い合わせください。

農地を宅地や駐車場にしたいのですが?

2012-11-28

届出や許可申請が必要となりますが、その農地の用途地域による対応が変わります。詳細はご連絡ください。

借用書のない金銭のやり取りは無効でしょうか?

2012-11-28

口約束で契約は成立します。ただ将来の不安を払しょくするためにでも、後からでも契約書作成されることをお勧めします。

金銭消費賃貸借契約の保証人になってほしいといわれました。保証人は誰でもなれるのですか?また途中でやめることは可能でしょうか?

2012-11-28

保証人になれるのは民法上、行為能力者で弁済能力ある者とされています。よって未成年者はなれません。またいったん保証人になったら、原則債務者が同意するか、または弁済が終了するまではやめれません。

どのようにすれば内容証明郵便を出せますか?

2012-11-28

郵便局で一般書留として出せます。ただすべての郵便局でだせる訳ではないので、事前お調べください。また配達証明とセットにしたほうがベターでしょう。郵便局以外でもインターネットの電子内容証明サービスでも全く同じ効力で可能です。内容証明郵便は簡単にできますが、権利の乱用は相手を硬化させる事もありますので、詳しくはお問い合わせください。

内容証明郵便で証明できることは、どのようなことでしょうか?

2012-11-28

いつ誰が誰にどのような内容文章を出されたかを郵便局が証明します。文章の存在は証拠となり証明できますが、その文章の内容の真実性までは証明されません。

契約書の捨印は必要なのでしょうか?

2012-11-28

捨印することで内容の改ざんの可能性があるので、捨印を求められたら、できるだけ押さない様にしましょう。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top