新規の助成金情報

2014-04-03

これまで補助金情報を多数ご紹介しましたが、今回は助成金情報です。助成金は応募が多く、申請も大変でしょうが、頑張って勝ち取ってください。

人材育成を実施する事業主への助成金を拡充

平成25年度補正予算の成立に伴い、企業内の人材育成を実施する事業主への助成金の内容を拡充しました。
[対象となる助成金]
・キャリア形成促進助成金  主に正規雇用の労働者に対して職業訓練などを実施した場合の助成
・キャリアアップ助成金(人材育成コース)  非正規雇用の労働者に対して職業訓練などを実施した場合の助成
[主な拡充内容]
<キャリア形成促進助成金>
・「成長分野等人材育成コース」の助成対象を大企業にも拡大
・「グローバル人材育成コース」の助成対象を大企業、訓練内容を海外で実施した訓練にも拡大
・女性の活躍促進のための「育休中・復職後等能力アップコース」を創設
・事業主団体などを対象とした「団体等実施型訓練」を創設
<キャリアアップ助成金(人材育成コース)>
・Off-JTの経費助成額の引き上げ

※詳しくは最寄りの都道府県労働局、またはハロ-ワークにお問い合わせください。

【拡充内容の紹介リーフレット】
http://krs.bz/roumu/c?c=9763&m=64659&v=76766f03

テレワークの導入に助成制度

テレワークとは、情報通信技術(ICT)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方です。テレワークを導入すれば、子育てや介護、病気やけがの治療をしながら、自宅で働くことができるなど、ワーク・ライフ・バランスの実現が可能となります。また、災害や感染症の大流行などが発生した際、従業員に自宅で働いてもらうことにより事業の継続ができるなどのメリットもあります。
◆職場意識改善助成金(テレワークコース)
[対象となる事業主]
テレワークを新規で導入する中小企業事業主(試行的な導入も対象)
[対象となる取組]
・テレワーク用通信機器※の導入・運用  ※パソコン、タブレット、スマートフォンは対象となりません。
・就業規則・労使協定などの作成・変更
・労務管理担当者に対する研修
・労働者に対する研修、周知・啓発
・外部専門家によるコンサルティング(社会保険労務士など)
[支給額]
対象となる経費の合計額※ × 補助率(1/2~3/4)
※機械装置等購入費、通信運搬費、消耗品費、委託費など
【職場意識改善助成金(テレワークコース)】
http://krs.bz/roumu/c?c=9767&m=64659&v=8dcb25f8
【テレワーク相談センター】
電話:0120(91)6479 FAX:03(5577)4582
電子メール: sodan@japan-telework.or.jp
ホームページ: http://krs.bz/roumu/c?c=9768&m=64659&v=6f904ae7

雇用保険の失業等給付に「就業促進定着手当」

厚生労働省は、平成26年4月1日以降に再就職し、再就職手当の支給を受けた方のうち、再就職先での6か月間の賃金が、雇用保険の給付を受ける直前の賃金よりも低い場合に、基本手当の支給残日数40%を上限として、低下した賃金の6か月分を「就業促進定着手当」として支給することにしました。
この手当は、早期に再就職した雇用保険受給者の職場定着を促進するためのもので、採用した事業主側のメリットにもなります。
労働者が支給申請を行う場合、申請書の事業主証明事項の記入や、原本証明した出勤簿・賃金台帳の写しなどの交付を求められますので、ご協力をお願いします。
【詳細はこちら】
http://krs.bz/roumu/c?c=9769&m=64659&v=ca1bdae9

なお助成金の申請書作成に関しての作成補助及び申請書作成代行も行います。1件当たり、¥20,000-。ご興味ある方は是非ご連絡ください。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top