取引先がなくなった事業主様への補助金情報です

2014-04-10

平成25年の補正予算では、これまで無かった要件での補助金が出て来てますが、今回もその中で帝国データバンクを事務局とする今までにない取り組みの補助金をご紹介します。

取引環境改善型需要開拓支援事業の公募

中小企業庁の正式な名前は平成25年度補正予算「取引環境改善型需要開拓支援事業(中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業)」の公募と言います。簡単な概要は取引先事業所の閉鎖・縮小により売上減少が見込まれる中小企業・小規模事業者が実施する新たな取引先を開拓するために必要な市場調査や試作開発及び事業実施に必要な設備投資等に要する経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の振興と経営の安定に寄与することを目的としてます。株式会社帝国データバンクを事務局として、補助事業の公募を開始してます。

これまで取引環境が悪くなった等の補助金は多々ありましたが、今回は非常に具体的な要件である事、補助金上限が1000万円である事、公募期間の締切が随時となっている事などが大きな特徴の補助金です。1000万円の上限は中小企業庁の補助金では最高額のランクになりますが、その分、事務局が帝国バンクとなっていることから理解されます通り、中身の適格性は充分に問われると考えられます。しかしながら、最近までは取引先が海外転出や閉鎖・合併・倒産などで苦しまれた方々はたくさんおられると思います。過去3年間にこのような実態があれば要件に当たります。一度チャレンジされてはいかがでしょうか?

要件としては以下の通りです

① 取引先事業所が過去3年以内に閉鎖している又は申請日以降3年以内に閉鎖予定であること。
② 取引先事業所が過去3年以内に縮小している又は申請日以降3年以内に縮小予定であること。
③ ①または②であって、閉鎖等の予定のある事業者との取引関係にあり、閉鎖等後の申請者の年間売上が前年比▲10%以上が見込まれること。
④ 補助金申請時の雇用数を補助事業終了時点まで維持すること。

補助率・補助限度額等
補助率 : 補助対象経費の3分の2以内
補助限度額 : 1,000万円(下限100万円)
補助事業期間 : 交付決定日から平成27年3月末日まで

公募期間
平成26年3月14日(金)~ 【随時受付】

申請方法
募集要項等の詳細は、http://www.torihiki-kaizen.jp/dl/gaiyo.pdfをご参照ください

補助金の申請書類代行業務

いいアイディアを持っている、いい商品開発できる、独自性も革新性も同業他社には負けないと思っているが、文章化できない、表現が下手だと思われている方々。また文章作成の時間がないと言われる多忙な事業主様が多数おられる現状に我々は直面します。

当事務所ではそれらの方々へ申請書作成の代行業務を行っております。これまで多数の実績を重ね、皆様に喜ばれております。書類作成までに内容のヒアリングを1から2回行い、当方が文章作成いたします。事業主様にとっては、簡単な打ち合わせを行うだけです。

費用は次の通り(消費税は別途加算いたします)

タイプA(費用前受方法) 申請書 1件 15,000円+経費(交通費・日当・その他) 計 25,000~30,000円程度

* 成功の確約いたしませんが、成功するための最大限の努力をいたします

タイプB(成功報酬方式) 補助金上限額の3%を採択時にいただきます。

* 不採択になった場合、一切費用いただきません

なおご採択なられた方々のは特価にて交付申請や完了報告書の作成のお受けしております。

*まずはメールフォームでご相談ください。なお現在多数の受注いただいてますので、公募期間があまり無い場合やお急ぎの場合、また早めのご連絡いただかないとお受け出来ない場合もありますので、ご了承ください。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top