スマートフォンのワンクリック請求~要注意です~

2014-06-19

本日はいつまでもなくならない架空請求のお話です。新たな試みで相手は攻めてきますが、いつでも対応は同じです。焦らず、慌てず対応すれば、悪い事してない我々の恐れることなど何もないです。私も昨日Eメールですが、変なメール。佐川急便の名をかたり、不在通知のメール。メール空けてみれば、有料サイトへの入り口でした。佐川さん使われてますよ!

登録完了画面が現れても、あわてないで

スマホのワンクリック請求の手口は、サイトに登録して契約が成立したと思わせて、利用者を慌てさせサイト使用料の名目でお金を支払わせるものです。スマートでのワンクリック請求に関しては、表示された登録画面に動揺した方が、あわててワンクリック請求業者に連絡した結果、電話番号やメールアドレスなどの情報が相手業者に知られたことを不安に思う相談が多く寄せら<ています。要は慌てず、焦らずです。スマートフォンとパソコンのワンクリック請求の手口や被害の違いを示し、スマートフォンでのワンクリック請求に遭ってしまった場合の注意点と解決策を説明します。詳細については、下記のページをご覧ください。http://www.ipa.go.jp/security/txt/2014/06outline.html

メール等で身に覚えのない料金を請求された場合

・利用した覚えのないサービス(出会い系サイト等)の料金の請求が電子メールで来たが、支払う必要があるのか。
・利用した覚えのないサービスの料金の請求が電子メールで来たため一度支払ったところ、立て続けに追加の請求が来たがどうすればよいか。
・債権回収代行業者を名乗る者から料金支払の督促を内容とするメールが送付されてきた。請求されているサービスは利用した覚えはない。

などのご質問が良くあります。その場合のアドバイスは一つです。身に覚えのない請求には料金を支払う必要はありません。

次のような場合に有った時には
<請求メールが来た場合>

  • 受信したメールの内容を冷静に確認し、サービスを利用したことがあるかどうかをよく確認してください。
  • 利用した覚えがない場合には、料金を支払う必要はありません。不安になったり、関わりたくないと思って一度支払ってしまうと、更に請求される場合があります。
  • 請求先には安易に連絡をしないでください。電話、電子メール等で返事をすると、しつこく請求されるおそれがあります。
  • 請求のメール等は証拠として念のため保管しておいてください。
  • 裁判所等の公的機関から連絡が来た場合には、電話番号案内(104)で正しい電話番号を確認するか訪問するなどして、その公的機関へ直接真偽を確認してください。メールに連絡先が記載されていても、それを信用しないようにしてください。

<架空請求であることがわかったら>

  • その請求は今後無視してください。
  • メールソフトやプロバイダが提供する機能によりこのようなメールを受けないようにできる場合には、この機能を利用するなどしてください。

<追加で請求された場合>

  • 支払う必要がないにもかかわらず一度支払ってしまうと、次々に追加の請求をされる場合があります。このような請求が来たとしても支払う必要はありません。

まずは冷静に対応しましょう。もしそれでも不安の時は警察などへ。当事務所でも、これらの日常の不安などのご相談に乗っています。まずは無料のご相談メールお送りください。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top