事業主のお得策!!「障害者就労施設等からの物品等の調達」

2014-09-24

もうすでに浸透しつつありますが、平成25年4月1日から、国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関し、障害者就労施設等の受注の機会を確保するために必要な事項等を定めることにより、障害者就労施設等が供給する物品等に対する需要の増進を図っています。

国で定めた方針に従い都道府県単位で施策を行っています。本日は我が兵庫県の施策をご案内します。

障害者就労施設等からの物品等の調達の推進

兵庫県では、「兵庫県工賃向上計画」で定めた平成26年度の障害者平均工賃目標(月15,000円(24年度実績:12,754円))の達成を目指し、率先して障害者就労施設等から物品等の調達を行っています。県の物品又は役務(工事に関係するものを除く。)の調達については、地方自治関係法令で許容される範囲で独自の優先発注制度を制定し、障害福祉サービス事業所、ひょうご障害者ハート購入企業及び障害者雇用促進企業等の受注機会の拡大に配慮した取組を推進しています。

「ひょうご障害者ハート購入企業」認定制度について

障害福祉サービス事業所等を利用する障害者の皆さんの工賃向上支援のため、平成25年度から「ひょうご障害者ハート購入企業」認定を推進しています。兵庫県内の障害者就労施設等から年100万円を超える物品及び役務を調達した企業を知事が「ひょうご障害者ハート購入企業」として認定し、「ひょうご障害者ハート購入企業」には、県が発注する建設工事契約における加点、物品及び役務の調達契約における受注機会の拡大の措置の適用を行っています。

本制度に認定されると、県が発注する建設工事並びに物品及び役務の契約相手を選定する際に優遇されます。特に建設業については入札の際の加点となるために、大きなメリットがあります。

インターネットを活用した授産商品の販路拡大等の支援

障害福祉サービス事業所等を利用する障害者の皆さんの工賃向上支援の一環として、県がNPO法人兵庫セルプセンターに運営を委託する授産商品のインターネット販売サイトを平成25年9月に「+NUKUMORI(ぷらすぬくもり)」として全面的にリニューアルしました。

「+NUKUMORI(ぷらすぬくもり)」(外部サイトへリンク)

法務・法律の問題

世の中には色んな問題があり、誰にどうやって相談していいか?わからないって方はいませんか?当事務所では、行政書士が親切・丁寧にご相談に応じます。必要と思われる対策や手続、費用・報酬などをもご説明させて頂きますので、ご安心してご相談下さい。当然ながら、初回のご相談は無料です。また当方では解決不能な問題も多数ありますが、「当事務所では無理ですよ」だけではなく、解決に至るべく、道筋をお知らせしたり、他士業の方々をご紹介したりいたします。一度メールフォームにてご連絡ください。

メールフォームはこちらまで。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top