「くるみん」マークを取得してみませんか?

2014-12-22

最近くるみんマークを見たり、聞いたりした事は無いですか?くるみんマークは、次世代育成支援対策推進法に基づき、行動計画を策定した企業のうち、行動計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」です。現在約1,800社が認定を受けています。くるみんは女性に優しい企業のしるしです。是非多くの企業がこのマークを取得する社会であってほしいです。

くるみんマークの取得

くるみんマーク取得には一般事業主行動計画の作成が必要です。

一般事業主行動計画

企業が、次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」)に基づき、期間雇用者などを含む全従業員の仕事と子育ての両立を図るために策定する計画のことです。常時雇用する従業員が101人以上の企業には、行動計画を策定し、一般への公表、従業員への周知、都道府県労働局への届出を行うことが義務付けられています。また、常時雇用する従業員が100人以下の企業には、努力義務が課せられています。

企業は、全従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組むにあたって、一般事業主行動計画(以下「行動計画」)に、①計画期間②目標③目標達成のための対策およびその実施時期、を定めます。

行動計画策定→実施→くるみんマーク認定の流れ
① 自社の現状や全従業員のニーズの把握
② ①を踏まえて行動計画を策定
③ 行動計画を公表し、従業員に周知(②からおおむね3か月以内)
④ 行動計画を策定した旨を都道府県労働局へ届出
(②からおおむね3か月以内)
⑤ 行動計画の実施
⑥ 行動計画期間の終了後、都道府県労働局へ認定申請
(「子育てサポート企業」としての認定を受ける場合)
⑦ 「子育てサポート企業」として認定 くるみんマークの付与
行動計画の策定から実施、認定への流れは以下の①~⑦のとおりです。
行動計画に定めた目標を達成するなど一定の要件を満たした場合、都道府県労働局へ申請することによって、次世代法に基づく「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣(都道府県労働局長へ委任)の認定を受けることができます。(くるみんマークの認定)認定された企業には、税制優遇制度があります。

詳しくは次のサイトまで

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/26.html

法務・法律の問題

世の中には色んな問題があり、誰にどうやって相談していいか?わからないって方はいませんか?当事務所では、行政書士が親切・丁寧にご相談に応じます。必要と思われる対策や手続、費用・報酬などをもご説明させて頂きますので、ご安心してご相談下さい。当然ながら、初回のご相談は無料です。また当方では解決不能な問題も多数ありますが、「当事務所では無理ですよ」だけではなく、解決に至るべく、道筋をお知らせしたり、他士業の方々をご紹介したりいたします。一度メールフォームにてご連絡ください。

メールフォームはこちらまで。

 

 

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top