契約書を作るのに・・・!?

2015-01-26

皆様日々の生活の中で契約書を使う事は稀な方ばかりだと思います。なので、いざ契約書を目の前にすると、緊張したり、どうしたらよいかわからず、内容もそこそこにサインしてませんか?大体は安全な契約書が多いですが、中にはひどい契約書も多く存在します。サインしても、相手が悪いから大丈夫と思っていても、いざ実際、表に出てみると、自分が損したって方もいます。基本契約は「契約自由の原則」。債権債務の世界は、よほどでない限り、お互いの合意で決まってしまいます。後で泣き言を言わないためにも、ぜひ契約書について知ってください。

契約書Q&A

Q1.契約書のタイトルに決まりはありますか?

契約書には金銭消費貸借契約書や不動産売買契約書などタイトルをつけますが、タイトルに法律的な効果は全くありません。タイトルが無くても立派な契約書です。よって、契約書のタイトルが贈与契約書でも、内容が金銭借用契約だったら金銭借用契約になります。内容が重要。騙されないようにしましょう!

Q2.署名のない契約書は無効ですか?

署名は自らが手書きでサインすることをいいます。しかし、会社など契約の相手方の場合にゴム印に印鑑が押してあるだけで署名のない契約書を見たことありますよね。 署名以外にも、法律で署名に代えて記名捺印という方法が定められています。ゴム印+印鑑と言う方法です。ですが、一番間違いがないのは署名捺印です。契約書の場合、出来るだけ署名捺印をもらうようにしましょう。それも目の前で署名してもらう事がベストです。

Q3.契約書に押す印鑑は実印で無いと効力がないのですか?

契約においては、法的に実印、認印どちらでも問題ありません。もっと極端に言うと他人の名前でも証明できれば有効なんです。でも、実際に契約するときは、実印が良いです。真正の証明と言って、印鑑証明書と確認ができます。よって、実印は印鑑証明書があってこその実印だと考えてください。また、印鑑を持ってない場合拇印を押すこともありますよね。署名拇印だったら一応大丈夫でしょう。でも記名拇印はダメですよ。それと、書き判(自分の名前を手書きして周りを丸く囲んだもの)についてはお勧めしませんが、どうしてもの時は(印鑑を忘れたので書き判を印として使用する)みたいな事も書き足しておきましょう。
結論としては、どんな方式でも、それなりの効力があるので、サインは慎重に。

Q4.印鑑を押すところを教えて下さい。

原則として契約当事者の方全員が同じように押印します。
1.契 印
2枚以上にわたる契約書の文書が一つで明らかにするために、各ページにまたがって押す印のことです。ただし、袋とじにした文書では、綴り目にだけ押せばよいとされています。よく契印のことを割印と言う人もいますが、正確には全然違う意味です。
2.割 印
2つ以上の独立した文書の同一性(改ざん防止のため)又は関連性を証明するために、2つの文書に1個の印を半分ずつ分けて押す印のことです。
3.訂正印
文書を訂正したことを証明するため、訂正個所に2本線を引いて正しい文字を書き、欄外に「○○字削除○○字挿入」と記載し、押す印のことです。
4.止め印
文書末尾に余白が生じた時に、「以下余白」と記載する代わりに押す印のことです。

Q5.誰と契約を結べばいいの?

1.相手が個人の場合

相手が個人の場合でしたら、その個人本人と、しかし相手が個人でも代理人だったら、本人の住所・氏名に続けて、誰々の代理人という肩書きをつけてから代理人の住所・氏名を記載します。契約の相手方が、代理人の場合は、本人から代理人宛ての委任状、本人の印鑑証明書を添付して、代理人の身分証明書も必要となります。

2.相手が法人(会社)の場合
相手が会社の場合でしたら、会社の本店所在地・会社の商号・代表者の資格・ 代表者の氏名に印となります。もし相手方個人の住所氏名しか署名していなかったり、個人の捺印しかしてていなかったり、相手方が代表権がなかったりすると、それは個人との契約と考えるべきです。相手の資格等をよく調べて、契約しましょう。法人の確認は、登記簿謄本や資格証明書を法務局で取得して確認することになります。

3.相手が個人商店の場合
契約の相手が「◯◯◯商店」だった場合は法人ではないですから相手方個人と契約を結ぶことになります。契約書には「◯◯◯商店」こと◯◯◯◯と両方記載してもらうのがいいでしょう。株式会社◯◯◯◯を名乗っているが実は会社として登記されていない場合はどうでしょうか。これも同じように相手方個人と契約を結ぶことになります。契約書には株式会社◯◯◯◯こと◯◯◯◯としておくしかないでしょう。

Q6.契約日付を入れ忘れてしまったら?

日付が入っていなくても契約書自体はもちろん有効です。しかし、時効などの関係から日付は、とても重要です。また、勝手に後から入れてはダメです。相手が日付入れるのを拒んだ場合は、確定日付を公証役場又は法務局でもらう方法もあります。

Q7.念書、覚書、確認書の違いは?

一般的になんとなく使い分けられているようですが、効力は変わりません。大事なのは内容です。無理して分けるとしたら、念書は一方的に差し入れるもの、覚書は契約前の簡単な合意、確認書は契約の事後確認って感じですかね。他にも合意書やら承認書やらといろいろありますが、参考程度にしておいてください。

Q8.契約書はいつまで保管しておいた方がいいの?

目安としてはその契約の消滅時効の期間満了でいいと思います。普通の金銭借用契約だつたら10年、商事債権だったら5年とか。消滅時効の期間は取引に形態によって様々です。

Q9.契約書を訂正するには?

法律上、特に定めはありませんが、片方の当事者のみではできません。当然両者の合意が入ります。そのために後で書き加えられないように捨印は押さないほうが無難です。訂正はできるだけしないほうがベターです。

Q10.仮契約とは?

仮契約だって立派に契約成立とみられることもありますよ。契約の効力があるかないかは内容によります。不動産などよくありがちですが、3日後に売買の本契約と決まっていて融資を受けるために、仮契約を締結した場合ではもう契約は成立していると言えるでしょう。もちろん仮契約全部が契約の効力が発生するわけではないですよ。中味を吟味しましょう。

Q11.念書はあまり効力が無いと聞いたが?

一般的に、契約書はお互いが合意して作成するものですが、念書は相手方に一方的に差し入れるために作成するものという違いがあります。たとえば「もうしません」「ごめんなさい」「もう少し待って下さい」などの内容が多いと思います。
念書というものは、契約書と違い良い受け取り方をされていないものです。契約書だったら裁判所でも堂々と通用するものが多いのですが念書の場合だとなぜ契約書ではなくて念書?って思われ契約書より証拠能力が低く見られがちです。そういう面では、契約書として作成し直しておいた方が無難です。
でも念書で効力は十分ある場合も結構あります。念書だから大丈夫かと甘く考えていたら、大変なことになります。念書をもらう場合は、何が書いてあるのか内容に注意してください。

法務・法律の問題

世の中には色んな問題があり、誰にどうやって相談していいか?わからないって方はいませんか?当事務所では、行政書士が親切・丁寧にご相談に応じます。必要と思われる対策や手続、費用・報酬などをもご説明させて頂きますので、ご安心してご相談下さい。当然ながら、初回のご相談は無料です。また当方では解決不能な問題も多数ありますが、「当事務所では無理ですよ」だけではなく、解決に至るべく、道筋をお知らせしたり、他士業の方々をご紹介したりいたします。一度メールフォームにてご連絡ください。

メールフォームはこちらまで。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top