確定申告 わからない時は??

2015-02-04

確定申告がスタートします。最近開業した個人事業主など確定申告はわからないことだらけ・・・??聞きたいときはお近くの税務署が一番ですが、この時期、まっとうに対応頂ける税務署などありません。しかしお金かけて専門家聞くほどの内容でもないし・・。。そんな時には次のサイトへ。

あなたの確定申告をサポート

国税庁ホームページでは、「確定申告特集ページ」を開設し、確定申告に関する様々な情報を提供しています。
「確定申告特集ページ」では…
給与所得者の方に向けて、医療費控除の還付申告や住宅ローン控除の還付申告の手続等が流れに沿って理解できるように説明しています。また、よくある質問については、税法の取扱いを「タックスアンサー」などで確認できます。
申告書の作成に当たっては、「確定申告特集ページ」から「確定申告書等作成コーナー」を利用すれば、こんなに便利です。
・ 24時間いつでも使えます(メンテナンス時間を除く)。
・ 画面の案内に従って入力すれば、税額などが自動計算され、復興特別所得税額の記載漏れの心配もありません。
(プリントアウトして郵送等により提出することも可能です。)
・ 確定申告書の用紙がダウンロードできます。
・ 確定申告の手引きがダウンロードできます。
※ こちらのコーナーは、パソコン版でのみ、利用可能となっています。

【確定申告特集ページ】は、コチラから
(パソコン版)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/
(スマホ版)
http://www.nta.go.jp/m/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/

確定申告期に多いお問合せ事項Q&A

申告書の入手方法や税務署の開庁時間、税金の納付方法など確定申告期に多いお問合せとそれについての一般的な回答を掲載していますので、確定申告の際のご参考としてください。また、ここで掲載されていない内容は、税に関する身近な質問を集めた「タックスアンサー(よくある税の質問)」をご覧ください。
確定申告期に多いお問合せ事項Q&A
→ http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/01.htm

補助金・助成金の申請書類代行業務

いいアイディアを持っている、いい商品開発できる、独自性も革新性も同業他社には負けないと思っているが、文章化できない、表現が下手だと思われている方々。また文章作成の時間がないと言われる多忙な事業主様が多数おられる現状に我々は直面します。

当事務所ではそれらの方々へ申請書作成の代行業務を行っております。これまで多数の実績を重ね、皆様に喜ばれております。書類作成までに内容のヒアリングを1から2回行い、当方が文章作成いたします。事業主様にとっては、簡単な打ち合わせを行うだけです。

ヒアリングから認定支援機関への申請書提出まで、最短2週間程度かかります。

費用は次の通り(消費税は別途加算いたします)

タイプA(費用前受方法)

申請書 1件 20,000円+経費(交通費・日当・その他) 計 30,000円~50,000円(補助金の上限額によって変わります。)

* 成功するための最大限の努力をいたします。申請書提出時に上記金額を申し受けます。

タイプB(成功報酬方式)

補助金上限額の4%を採択時にいただきます(但し、補助金上限額が500万以上については2%といたします。)。

* 不採択になった場合、一切費用いただきません。採択決定時に同上金額を申し受けます。

なおご採択なられた方々のは特価にて交付申請や完了報告書の作成のお受けしております。

*まずはメールフォームでご相談ください。なお現在多数の受注いただいてますので、公募期間があまり無い場合やお急ぎの場合、また早めのご連絡いただかないとお受け出来ない場合もありますので、ご了承ください。

 

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top