まだ間に合うサラリーマンの確定申告

2015-03-01

サラリーマンにとって、確定申告は会社に申告で終わりって思ってません。また、少し知識が有って、確定申告すれば、少しは還付できるけど、手続き考えると面倒って、考えられる方々も多いはず。当方も長年のサラリーマン生活中は面倒って思ってました。どんな時、サラリーマンでも確定申告できて、どうしたらいいかは知っててお得です。今日はそんな情報を。

サラリーマンの確定申告

サラリーマンがどんな時に確定申告するのでしょうか?

確定申告は、1月1日から12月31日までの1年間に受け取った所得を確定することでその所得に課税される税金を申告するものです。そもそも所得とは、年間の収入から様々な控除を差し引いた金額をいいます。今年の申告及び納付期限は、3月16日です。

どんなサラリーマンが確定申告するの?
通常、確定申告といえば、サラリーマンには関係なく、自営業の人がおこなうイメージが強いですが、サラリーマンでも例外ではありません。サラリーマンで年収が2000万円を超える人給料以外に20万円を超える所得がある人2カ所以上から給料をもらっている人などは確定申告が義務となります。
ただ税金を納めるために申告するだけではありません。払いすぎた税金を返してもらうための申告(還付申告)もおこないます。確定申告をしたほうがよい人には、住宅ローンを組んだ人、医療費をたくさん支払った人、寄付をした人、業務のための出費が多かった人などが対象となります。

住宅ローンを組んでマイホームを購入したり、バリアフリーや省エネなどの特定のリフォームをした人のうち、一定の条件を満たせば10年間に渡って年末の住宅ローン残高の1%の金額が所得税から控除される住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の申告が可能です。この制度は、所得が3000万円以下、住宅ローンの返済期間が10年以上であるなどのいろいろな要件に該当した場合に適用できます。
病気やケガで年間10万円を超える医療費を支払った場合には、所得から一定の額を控除できる医療費控除の申告することが可能です。この制度は本人だけではなく、生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に適用できます。医療費控除として認められる判断基準は、治療のために使った費用であり、予防や美容のために支払ったものは認められません。
国や地方公共団体、特定公益法人などに寄付をした人が対象で、一定の条件に該当した場合に寄付金控除として税金が還付される申告をすることが可能です。今話題のふるさと納税をおこなうと、その自治体から寄付金証明書が送られてくるので、それを添付して寄付金控除を受けることになります。
そして、仕事に欠かすことのできないことに大きな支出をした人です。従来、サラリーマンは給与所得控除という収入に応じて決められた経費のようなものがあります。しかし、人によって職務を遂行する上で欠かすことのできない支出は異なります。通常、通勤費や研修費、転勤に伴う転居費用などは会社で支払ってくれる場合が多いですが、仕事のキャリアを高めるための資格講座や書籍や雑誌などの図書費、作業服(場合によってはスーツも)などはサラリーマンが自腹を切るケースが大半です。このような支出のうち一定の条件に当てはまれば特定支出控除として申告して税金の還付を受けることが可能です。
このように税金の還付を受けるためのいずれのケースも税法上、様々な要件や基準があるので、各所でおこなわれている確定申告の無料相談会で確認してみましょう。
もし無料相談がわからない方は次のサイトまで。http://www.tax-nzk.or.jp/kakutei/

補助金・助成金の申請書類代行業務

いいアイディアを持っている、いい商品開発できる、独自性も革新性も同業他社には負けないと思っているが、文章化できない、表現が下手だと思われている方々。また文章作成の時間がないと言われる多忙な事業主様が多数おられる現状に我々は直面します。

当事務所ではそれらの方々へ申請書作成の代行業務を行っております。これまで多数の実績を重ね、皆様に喜ばれております。書類作成までに内容のヒアリングを1から2回行い、当方が文章作成いたします。事業主様にとっては、簡単な打ち合わせを行うだけです。

ヒアリングから認定支援機関への申請書提出まで、最短2週間程度かかります。

費用は次の通り(消費税は別途加算いたします)

タイプA(費用前受方法)

申請書 1件 20,000円+経費(交通費・日当・その他) 計 30,000円~50,000円(補助金の上限額によって変わります。)

* 成功するための最大限の努力をいたします。申請書提出時に上記金額を申し受けます。

タイプB(成功報酬方式)

補助金上限額の4%を採択時にいただきます(但し、補助金上限額が500万以上については2%といたします。)。

* 不採択になった場合、一切費用いただきません。採択決定時に同上金額を申し受けます。

なおご採択なられた方々のは特価にて交付申請や完了報告書の作成のお受けしております。

*まずはメールフォームでご相談ください。なお現在多数の受注いただいてますので、公募期間があまり無い場合やお急ぎの場合、また早めのご連絡いただかないとお受け出来ない場合もありますので、ご了承ください。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top