資金調達を考えている事業主様へ

2015-03-26

新規事業を始めたい、新商品開発したい、運転資金に苦しんでいる・・・等々事業継続にはお金が掛かります。しかしいざお金を借りたくても金利や信用などで大きな壁があります。そんな悩みを抱えておられる事業主に一考してほしい内容をご紹介します。

政府系金融機関における制度の運用

今中小企業庁では、中小企業・小規模事業者への資金繰り支援を強化しています。
2月16日から政府系金融機関における制度の運用を開始しています!~
この度成立した「平成26年度補正予算」に基づき、日本政策金融公庫や商工中金において創設・拡充する融資制度の運用を2月16日(月)から開始しています。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2015/150216shikinguri.htm

条件等によっては金利や貸出金額に大きなメリットがあります。要件には事業計画書の策定などありますが、一般金融機関で借りるより、お得であることは明らかです。一度お悩みをご相談されたらいかがでしょうか?

補助金の申請書類代行業務

いいアイディアを持っている、いい商品開発できる、独自性も革新性も同業他社には負けないと思っているが、文章化できない、表現が下手だと思われている方々。また文章作成の時間がないと言われる多忙な事業主様が多数おられる現状に我々は直面します。

当事務所ではそれらの方々へ申請書作成の代行業務を行っております。これまで多数の実績を重ね、皆様に喜ばれております。書類作成までに内容のヒアリングを1から2回行い、当方が文章作成いたします。事業主様にとっては、簡単な打ち合わせを行うだけです。

ヒアリングから認定支援機関への申請書提出まで、最短2週間程度かかります。

なおご採択なられた方々のは特価にて交付申請や完了報告書の作成のお受けしております。

*まずはメールフォームでご相談ください。なお現在多数の受注いただいてますので、公募期間があまり無い場合やお急ぎの場合、また早めのご連絡いただかないとお受け出来ない場合もありますので、ご了承ください。

 

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top