ふるさと納税~兵庫県版~

2015-12-11

ふるさと納税は、もう皆様に浸透してきた名前であると思います。自分の住民税・所得税の一部・全部を他の地区に納税することで、その地域からの特典を受けられる制度です。ただ自己負担2000円いること、自分から申請し、手続きが必要な事あり、浸透しつつあるとは言え、まだまだ制度活用の比率は微々たるものです。今日はわかりやすく出来るふるさと納税の説明です。

ふるさと納税~兵庫県版~

「ふるさと納税」は、生まれ育ったふるさとや応援したいと思う地域の自治体に対する寄附制度です。ご寄附いただいた場合、お住まいの自治体に納めている住民税などから一定限度までが控除されます。なお、寄附対象となる自治体には制限がなく、生まれ育ったふるさとでなくてもご寄附いただけます。兵庫県ではふるさと納税のことを「ふるさとひょうご寄附金」と呼んでいます。お寄せいただいた寄附金については、ご指定いただく応援メニューに活用させていただきます。

ふるさと納税には、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除されるメリットがあります(一定の上限はあります。下記リンク「給与収入、家族構成ごとの控除額の目安」参照)。

(例1)年収700万円の給与所得者(扶養家族が配偶者と子ども2人の場合)
70,000円のふるさと納税を行うと、
2,000円を超える部分である68,000円(70,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。

(例2)年収500万円の給与所得者(独身または共働きの場合)
60,000円のふるさと納税を行うと、
2,000円を超える部分である58,000円(60,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。

(1)寄附の申し込み
「寄附申出書」に必要事項(ご住所・お名前・連絡先等)をご記入の上、①窓口での直接申込 ②郵便 ③FAX ④電子メール ⑤電子申請のいずれかの方法でお申し込みください。

ふるさと納税ワンストップ特例制度をご利用される方は「寄附申出書」の記載欄にその旨を記入願います。

→「ふるさと納税ワンストップ特例制度」をご覧ください。

○寄附申出書のダウンロード 寄附申出書(ワード:26KB) 寄附申出書(PDF:88KB)

電子申請による寄附申し込み こちらをご覧ください(外部サイトへリンク)

法務・法律の問題

世の中には色んな問題があり、誰にどうやって相談していいか?わからないって方はいませんか?当事務所では、行政書士が親切・丁寧にご相談に応じます。必要と思われる対策や手続、費用・報酬などをもご説明させて頂きますので、ご安心してご相談下さい。当然ながら、初回のご相談は無料です。また当方では解決不能な問題も多数ありますが、「当事務所では無理ですよ」だけではなく、解決に至るべく、道筋をお知らせしたり、他士業の方々をご紹介したりいたします。一度メールフォームにてご連絡ください。

メールフォームはこちらまで。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top