海外進出のチャンス~中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金~

2016-07-01

TPPの参加が決まって1年たちますが、TPPのデメリット面だけが衆知され、メリットはないのか??考えてみるべき時が来ていると思います。輸入品の関税が減らされるということは、輸出品の関税も恩恵があるはずです。今後色々な企業がこの恩恵を被るべく、チャレンジしていくことになるでしょうが、早めに出店するメリットが大きいと考えられます。

ただ中小企業には限られた資金もありますので、次の補助金を活用し、事業拡大を目指してください。

中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金

1.事業目的

本補助金は、環太平洋パートナーシップ協定(以下、「TPP」という。)交渉参加国を主たる対象として、新たに越境ECサイトを出店又は構築する者に対して、その出店又は構築等に要する経費の一部を補助することにより、海外への販路開拓を促し、我が国経済の活性化を図ることを目的としています。

2.補助対象事業

TPP交渉参加国を主たる対象として、新たに越境ECサイトを出店又は構築等する事業を対象とします。

(注)TPP交渉参加国以外の国を主たる対象とする場合は対象となりません。
3.補助対象者

中小企業者

4.補助経費

(1) 越境ECサイト出店・制作費用
(越境ECサイト出店初期費用、越境ECサイト制作費、翻訳費、コンテンツ制作費)
(2) 越境ECサイトプロモーション費用

5.補助額

補助対象経費(税抜)の2/3以内であって、100万円を上限とし、中小機構が認める額となります。補助金の交付は、事業完了後の精算払いとなります。

6.募集期間

平成28年6月30日(木曜日)~平成28年7月29日(金曜日)17時(必着)<第1期募集>
平成28年8月31日(水曜日)~平成28年9月30日(金曜日)17時(必着)<第2期募集>(次回募集分、予定)

7.審査

資格審査及び外部専門家である審査員で構成される委員会による書面審査により、採択又は不採択を決定します。

補助金 文章作成代行業務

当事務所は補助金について、多くの実績を誇り、数々のお客様に感謝されております。また業務を受託の際には、限定して受託し、多くの時間をかけ、皆様の事業を知る機会を作っております。少人数、小規模で行う為に、多くのコンサルに比べ、安価で提供いたします。一度、当事務所活用をご検討下さい。

 

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top