株・投資信託を始められた方~日本版ISA創設について~

2013-05-17

景気好調感が日増しに増す中、株や投資信託を始められた方が多くおられると思います。
今年度の税制改革の中で、そのような方々に朗報があります。来年1月からの施行ですが、500万円までの小額口座について、事前に登録しておくと株・投資信託の配当・譲渡益が非課税となる制度です。詳しくは下記の通りです。

<日本版ISAの創設及び金融所得課税の一体化の拡充>
家計の安定的な資産形成を支援するとともに、経済成長に必要な成長資金の供給を拡大しデフレ脱却を後押しする観点から、最大500万円の上場株式や公募の株式投資信託等への非課税投資を可能とする日本版ISA(非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)を創設します。 〔平成26年1月1日から適用します。〕
税負担に左右されずに金融商品を選択できるよう、金融所得課税の一体化を拡充し、公社債等の利子及び譲渡損益並びに上場株式等に係る所得等の損益通算を可能とします。
■ 日本版ISAの創設
1.非課税対象 : 非課税口座内の少額上場株式等の配当、譲渡益
2.非課税投資額 : 毎年、①新規投資額及び②継続適用する上場株式等の時価の合計額で100万円を上限(未使用枠は翌年以降繰越不可)
3.非課税投資総額 : 最大500万円(100万円 × 5年間)
4.口座開設期間 : 平成26年1月1日から平成35年12月31日までの10年間
5.保有期間 : 最長5年間、途中売却は自由(ただし、売却部分の枠は再利用不可)

詳しくは証券会社・銀行等金融機関にお問い合わせください。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top