タバコについての支援~受動喫煙防止対策に関する支援事業~

2013-05-29

事業者の方のみならず、労働者の方々も、吸う人、吸わない人両方とも、タバコについてはいろんなトラブルや問題があると思います。以前は事務所で吸えるという時代もありましたが、今はどこなら喫煙OKとするか、また全面禁煙にするかと言うレベルでの問題があると思います。
ここで取り上げることなくタバコの害は百害あって一利無しなのでしょうが、それで辞められるなら、皆様ご苦労なさらないですよね。厚生労働省が事業場における受動喫煙防止対策の推進を目的として、色々な支援が行われています。簡単に概要をご説明しますと、

1.財政的支援
受動喫煙防止対策助成金制度
労災適用の事業主で、中小企業(規模や業種に制限があります)の事業主は、一定の条件のもと助成金が受けられます。内容は喫煙設備の設置などにかかる費用の一部(上限200万、助成率1/2)を助成いただけます。各都道府県の労働局労働基準部まで申請が必要です。

2.技術的支援
①受動喫煙防止対策にかかる相談支援
②受動喫煙防止対策に関する職場内環境測定支援(たばこ煙濃度等の測定のための機器の貸与)
内容は題目通りですが、詳細をお知りになりたい方は厚生労働省のHPまで。

たばこは是非ともやめましょう!

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top