農業支援 2

2013-06-07

梅雨なのに、今日もいい天気です。高温少雨により、今年は作物被害が多くなることが予想されています。思い返せば、昨年の梅雨の初めはこんな感じだったような?梅雨の終盤に豪雨が続き、色んな被害がありました。今年は、ならして降ってくれればいいのに。
では農業支援の第2弾です。農家の方々にとっていい話だけでなく、全く農業に興味のない人、新規事業として何かやりたいと考えている事業主様などは、一度検討に値する内容かと思います。
農林水産省では、平成25年度予算で措置している各種支援策を中心として、認定農業者、集落営農組織、農業法人等の地域の中心となる経営体の経営発展に役立つ主な支援策を紹介しています。各施策に、交付・補助金、貸付、税制優遇、情報提供など、色々な支援が用意されています。
出来るだけ内容を細かく説明してゆきますので、ご一読いただければ。
まず全体の概要として、平成25年度 農業支援策は次の骨子に従い、分類されています。
1.「人と農地の問題」を解決・・・・地域農業の将来像を検討したい、経営規模の拡大したい、新たに農業を始めたい等々
2. 安定した農産物の生産・・・・野菜を安定的に生産したい、施設園芸の燃油コスト対策に取り組みたい等々
3. 農産物の付加価値の向上・・・・6次産業化に取り組みたい、農産物を輸出したい、環境にやさしい農業に取り組んで差別化を図りたい等々
4. 農業インフラ等の整備・・・・農地や農業水利施設等の基盤整備をしたい、基盤整備と併せて規模拡大したい等々
5. 資金の確保・・・・農業用機械・施設の整備など経営に必要な資金を借りたい、農業法人の経営強化の取組みに対して資金の出資を受けたい等々
6. その他の支援・・・・共済制度や税制措置について知りたい等々
以上です。次回は各支援策について、もっと細かくご説明してゆきます。特に1.や3.の中には、これまで、力を入れて行われてこなかった施策が数多くありますので、そのあたりを、中心にお送りします。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top