土地届け ~貴方が所有者では??~

2013-07-19

日本国中の森林や農地の土地所有者が、年々誰の所有かわからなくなってきているって知ってました?

つまり日本国中に持ち主わからない土地が増えているって事です。土地持ちでない我々には羨ましいやら、妬ましいやらですが、持ち主たちにとっては、実は有難迷惑な土地もたくさんあります。ただ固定資産税だけ払っていても、使える土地でも、売れる土地でもない土地は山ほどあり、また名義変更にはお金かかるし、農地や森林は届けがいるし、持ってる人にとっては、とても迷惑なのかもしれません。

そんな土地は年々時代を経ていく度に、相続されていく度に、ほったらかしにされ、登記もされず、所有者がわからなくなっていってます。いったんわからなくなると、途中からわかる事は考えにくく、こんな土地は年々増加の一方です。

持ち主わからないと、こんな迷惑掛かります

  • その土地や周辺土地を一緒に使いたい場合に一部の所有者不明で計画なくなっちゃうことも・・・例えばトンネル工事、企業の工場誘致、今後進むであろう農地の拡大化などなど
  • 誰の土地かわからない場合、林野庁も管理できず、鳥獣害対策や木の手入れができず、周辺住民に被害も
  • 災害で崖崩れや地震等々の復旧工事が、持ち主わからないため、工事できない場面も

ただトンネル出来たり、道路通ったりってのは宝くじ当たるくらいに稀なことで、持ち主不明の影響の大半は、自分ではなく、周りの人々に迷惑掛かる場面ばかりです。東日本大震災で復興が進まないのに、土地所有者の不明も大きな原因になってるって知ってましたか?今東北では、津波により持ち主の方々が亡くなられたり、境界線もわからず、また地盤沈下で自分の土地が無くなったりしてる事により、土地の区画整理がなかなか進んでいません。神戸の震災と違い、まず区画整理に膨大の時間がかかっているので、復興が進みません。このように土地所有者や持ち主わからないってことは、実は周りの人々が困るってことです。自分の為じゃなく、人のためだからこそ、名義変更がなかなか進まないのでしょうが。

もし土地の持ち主であることが判ったら

  • 法務局に名義変更しましょう 
  • 農地の場合は市町村の農業委員会に届けをしましょう
  • 森林の場合は市町村に届しましょう(平成24年より届けをしなければ、罰則10万以下の過料を科せられる場合もあります)

届出には、色んな資料書類等が必要なため、まずは我々行政書士にご相談ください。

何の価値もない土地は国や行政が買取してくれる制度もなく、これからも持ち主の自己管理になります。しかしながらそんな土地でも、将来使いようによっては資産価値となり、変わっていく可能性も多々あります。目先の利益だけに走らず、未来の為、子供の時代のため、周りの人の為にも是非とも変更の届けをしてください。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top