法の日

2013-10-01

今日10月1日は法の日です。「法の日」は,国民の皆さんに,法の役割や重要性について考えていただくきっかけとなるようにと,裁判所,検察庁及び弁護士会の協議で提唱され,昭和35年,政府によって定められました。

法について

法は個人と個人との自由の調和を図り,安定した社会生活を送れるようにする役割を果たしています。また,国に対し,法に従って権限を行使するように命じることによって,国による権限行使が適正な内容と手続の下で行われるようにすることで,国民の権利を守るという役割も果たしています。国民の皆さん一人一人が,法や裁判への理解を深めることは,社会の中でそれぞれの自由を尊重しながら,安心して暮らせる社会をつくることに役立つものと考えます。この機会に,是非,法や裁判について考えてみてください。

理解を深める

裁判所,法務省,検察庁及び弁護士会では,10月1日からの1週間を「法の日」週間とし,毎年,全国各地で各種の行事を実施しています。裁判所では,今年も「法の日」週間中,裁判員制度に関するものを始め,全国各地で法や裁判手続に関する説明会や見学会等の催しを行う予定です。各地の催しは,『裁判所ウェブサイト』http://www.courts.go.jp/で紹介しています。

その他の行事

今日から1週間、各地で法務省の他にも、弁護士会、我が行政書士会を始め、法律に係わる士業中心に無料相談会や見学会、セミナー・講習会等をやっております。一度この機会に法について考えてみてください。

なお本日の記事には一部法務省のHPを引用しました。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top