会計記帳サービス開始のお知らせ

2013-10-28

個人事業主の方々は、日頃から事業の会計についてどうされてますか?お金を掛けてまで、会計記帳をする気はないが、自分でやってると書類や請求書がたまっちゃって訳がわからなくなる!どうにかしたい!と思ってませんか?

そんな個人事業主様向けの、わざわざ会計の専門家に頼むほどない方向きの会計記帳代行サービスを始めました。

個人事業主様、会計記帳義務制度についてご存知ですか?

平成26年1月より、個人事業主の白色申告者の記帳保存義務が拡大されます。http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/kichokakudai2.pdf

そのため、白色申告者も記帳が必要です。この機会に、税制等のメリット多い青色申告者になってみませんか?青色申告者になるのは、簡単。管轄の税務署に数枚の書類を提出するだけ。青色申告になると数々のメリットがあります。記帳をしなければ、税務署の対応によっては、税務調査によって、推定利益による課税や追徴課税を取られる恐れがあります。

青色申告者のメリット

1. 青色申告特別控除

青色申告者のメリットで一番大きいメリットです。最大65万円(平成17年度~)の所得税の控除の青色申告特別控除が受けられます。

2. 青色事業専従者給与控除

同じ生計の 配偶者と 親族(15歳未満を除く) の給与分を全額必要経費とすることができます。別途届け必要。

3. 事業損失の3年間繰越控除

その年の赤字申告で向こう3年以内に出る所得と差し引くことができるものです。前年も青色申告をしている場合で、本年度に赤字が出た場合は、「前年分の所得税の還付」を受けることも可能です。

4. 貸倒引当金の設定

貸倒引当金を設定することができます。ただしこのメリットは設定初年度のみとなります。

青色申告者になると、当サービス費用が浮くくらいのメリット出るかも?

当事務所の記帳サービスの特徴は?

①  費用が安い。

②  用意・提出する書類・データが少ない。

③  青色申告者になれる。

当サービスをご利用者には、月次報告、確定申告用(青色申告用)書類(法人の方は決算書)、3年以上継続いただけますと財務状況比較表も作成いたします。費用は他社と比べてください。納得いく価格です。毎月書類又はレシートのコピー、預金通帳の写しなどお客様が一番楽な方法で情報いただけければ結構です。

料 金 表

下記金額は全て本体金額です。消費税は売り上げ時にご負担いただきます。

種 類

条 件

金 額

Aタイプ 1か月の仕訳件数が、~15件まで

3,000円/月

Bタイプ 1か月の仕訳件数が16~30件

4,000円/月

Cタイプ 1か月の仕訳件数が31~60件

5,000円/月

Dタイプ 1か月の仕訳件数が61件以上、又は法人の方

12,000円/月

* 契約件数の上限を超過した場合は200円/1仕訳 加算となります。

* 全てのタイプに初期導入費用として、10,000円が必要です。

法人の方へ

なお法人の方(ただし従業員が30人未満の会社に限ります。)の記帳サービスもお受けいたします。決算書類まで、確実に作成いたします。ただし税務報告書類は作成できませんので、専門家にご依頼ください。

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top