風俗営業 ~7号、8号~

2013-11-26

本日は風俗営業7号8号の営業についてお伝えします。一般に遊技具を使った娯楽に関する施設で、色んな意味で制限の多い種別となっています。そのため、なかなか新規開店となると許可申請が難しい点が多くあります。もし、新規ご出展考えられている方にも必見の内容でお伝えします。

7号風俗営業

7号営業にはパチンコ・マージャン店等あるが、パチンコとマージャン店の許可申請には大きな違いがあるので、それぞれの許可手続きや注意点を見ていく上で、それぞれの手続きを学んでゆきたいと思います。

パチンコ店営業の許可

① 承継を使った営業許可

パチンコ店の風俗営業はなかなか許可取得が難しいのが現状です。ですので、新規に許可申請する前に、法人の承継を使った営業許可の取得をまず検討下さい。現在パチンコ店を経営している法人の株を取得し、法人の譲渡契約を行い、経営権を取得し、役所に変更届を提出することで許可を受けます。

また法人を合併や分割でも同様な手続きで取得可能ですが、合併・分割は事前に公安委員会に承認受ける必要があります。

② 新規で許可得る場合

新規で許可を取得する場合、場所の基準を満たすことが非常に難しく、不許可のリスクは高くあります。新規開店の為に多額の投資をし、土地を取得しても許可が受けられるとは限りません。以前にその場所でパチンコ店を営業していたとしても、許可申請時に、用途制限にかかっていたり、保護対象施設が新しく存在したりしている場合もあります。安易に新規許可申請は考えない方が無難です。

③ 使用権限の疎明

すべての土地建物が経営者のものであれば、心配はないですが、賃貸の場合は色々と配慮が必要です。特に貸主が共有持ち主の場合には、全ての持ち主の同意が必要と考えた方が無難です。駐車場などの付属施設の土地・建物についても同様です。

④ 工事期間

行政、利害関係者、周辺地域等のある程度の根回しが完了したならば、工事と言う手続きになります。工事と消防やその他申請は同時進行になっていきますが、まずは両方ともうまくリンクしながら進むことなど考えられません。行政の立会い待ち及び工事の遅れなどスケジュールは遅れることあっても早くなることはありません。オープンの日を許可書交付前に決めることは非常にリスクが高いと思ってください。

⑤ 風営法許可申請

工事完了し、遊技機が設置後、書類をそろえ、許可申請を行います。なお書類の中には有効期限ある書類もあるので、注意が必要です。書類に不備なければ、店舗の検査が行われます。検査のタイミングは都道府県によって、若干違いがあり、こちらの予定通りには進みません。また対応部署も違います。

⑥ 許可交付と許可証の掲示

許可の通知後、営業開始となりますが、警察によっては、営業所に許可証の交付が掲示されないと不可と言われる場合があります。ご注意ください。変更届の場合も同様です。

⑦ パチンコ業界特有の規制

特に宣伝広告に対して規制が多くあります。出玉のサービス等や買取の行為を行っている等。また過去の出玉等の誇大表現、写真等々。色々と客に対してのサービスが著しく射幸心をあおる表現と取られる可能性があるので、ご注意ください。料金表の掲示も重要な要件の一つです。

マージャン店営業の許可

① 営業許可手続き

同じ風営法7号ですが、パチンコとマージャンでは全くの許可手続き違います。マージャン店の場合は、1~6号の許可申請とほぼ同様となってきます。

② 場所的条件

他の風営法許可同様の繊細な対応が必要です。特に用途地域、保護施設等の配慮は大きく必要です。営業開く場合は、朝晩何度も実際に現場を訪れて万全の配慮が必要です。

③ 構造上の基準

・ 客室内部は見通しを妨げる設備がない

・ 内部の掲示物や装飾に風紀乱す物ない事

・ 客室出入り口に施錠無き事。ただし外部に通じる出入口除く

・ 照度は10ルクス以上で、以下できる調整設備あれば不可。

・ 騒音・振動対策は法に従った設備である事

④ 料金の規制

なぜかマージャン店は料金について公安委員会の上限規制があります。商売を営む中で下限規制があっても上限規制がある業種は今では珍しい業種です。

⑤ 都道府令条例も配慮が必要

8号風俗営業

① 8号風俗営業はゲームセンターがその大半ですが、規制のそのほとんどは一時期多く問題となった賞金が出

るゲーム機の規制です。換金可能であるゲーム機の設置は一切許可が下りません。

② 構造上の基準

・ 客室内部は見通しを妨げる設備がない

・ 内部の掲示物や装飾に風紀乱す物ない事

・ 客室出入り口に施錠無き事。ただし外部に通じる出入口除く

・ 照度は10ルクス以上で、以下できる調整設備あれば不可。

・ 騒音・振動対策は法に従った設備である事

・ 紙幣を直接入れる遊技機、現金もしくは有価証券類を提供可能とする設備の付いた遊技機は設けることができない。

③ 場所的基準

他の風俗営業と共に新規に開店の場合は繊細な場所決めの配慮が必要です。

なお当事務所では来年の個人事業主の帳簿保存義務拡大に向けて、会計記帳サービスを始めました。ご興味ある方々は是非一度ご相談お待ちしてます。(会計記帳サービスはこちらへ)

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top