農業限定! 公募・交付金情報

2014-02-08

今日は外はすごい雪です。皆様転んだりしない様、ご注意ください。本日は以前より情報発信してます様に、現在政府主導で農業に力を入れており、農業関連の補助金、助成金等多数あります。今回もそんな情報です。

新着情報

「都市農村共生・対流総合対策交付金」公募開始について(~2/21)

農山漁村の持つ豊かな自然や「食」を観光、教育、福祉等に活用しながら、農山漁村地域の活性化と地域コミュニティの再生を図るため、地域の活動を総
合的に支援するため、都市農村共生・対流総合対策交付金の公募を開始しました。今回の公募では、

  1. 全国及び都道府県単位で人と情報のネットワークを構築し、都市と農山漁村のニーズのマッチング、アドバイザー等の派遣、情報の受発信等の取組を国が定額助成する取組(広域ネットワーク推進対策)
  2. 集落連合体が取り組む、農山漁村の持つ豊かな自然や「食」を観光、教育、健康等に活用する地域の活動を国が定額助成(800万円が上限)する取組(集落連携推進対策)
  3. 地域外の人材や意欲ある都市の若者を長期的に受け入れる取組を国が定額助成(250万円が上限)する取組(人材活用対策)
  4. 空き家、廃校等の補修等を国が1/2以内で助成する取組(施設等整備対策)

が対象となります(ただし、3.4は、2と併せて実施することが必要です)。詳細は、以下の申請先にお問い合わせいただくか農林水産省のホームページでご確認下さい。

(申請先)各地方農政局農村計画部農村振興課(北海道にあっては、農林水産省農村振興局都市農村交流課、沖縄県にあっては、沖縄総合事務局農林水産部経営課)

(公募期間)平成26年1月29日(水)から平成26年2月21日(金)まで※ 郵送の場合は、2月21日消印有効
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/toshi_noson/koubo.html?mode=previe

◇「『農』のある暮らしづくり交付金」公募開始について(~2/21)

都市農業の振興や都市農地の保全に向けた農業者、NPO、市町村等の活動を支援するため、平成26年度「『農』のある暮らしづくり交付金」の公募を

開始しました。今回の公募では、

  1. 「農」のある暮らしづくりに向けた地域の活動や簡易な施設整備を国が400万円まで定額助成する推進対策(ソフト事業)
  2. 地元農産物を楽しめる施設等の整備を国が1/2以内で助成する整備対策(ハード事業)

が対象となります。詳細は、以下の申請先にお問い合わせいただくか農林水産省のホームページでご確認下さい。

(申請先)各地方農政局農村計画部農村振興課(北海道にあっては、農林水産省農村振興局都市農村交流課都市農業室、沖縄県にあっては、沖縄総合事務局農林水産部経営課)

(公募期間)平成26年1月29日(水)から平成26年2月21日(金)まで※ 郵送の場合は、2月21日消印有効
http://www.maff.go.jp/j/nousin/nougyou/nouaru_kurashi/index.html

平成26年度経営局関係補助金等の公募について(輝く女性農業経営者育成事業)

平成26年度輝く女性農業経営者育成事業の公募を開始しました。(公募期間:平成26年2月6日(木)から平成26年3月5日(水)まで)全国的に事業が展開できる民間団体等が次の取組を行う場合に応募することができます。

  1. 次世代リーダー活躍促進(公募要領の別表No.就7) 次世代リーダーとなりうる意欲ある女性農業者の資質向上及び活躍を促進するため、商談会への出展等活躍機会の提供や、女性農業者の特徴ある取組の情報発信、全国規模のフォーラムの開催等の取組を実施する事業です。
  2. 全国ネットワーク強化(別表No.就8) 女性経営者発展支援事業(全国段階事業)(24~25年度)により形成された女性農業者等による全国ネットワーク(女性農林漁業者とつながる全国ネット)を活用しつつ、その機能を一層発揮させるために、会員同士の情報交換及び民間企業等との交流の促進、女性農業者の経営意欲と資質を高めるために有効な情報の受発信等の取組を実施する事業です。
  3. 地域リーダー育成(別表No.就9) 地域における女性農業者の経営への意欲及び資質を高め、全国レベルでの活動に誘導するため、地域ブロック単位での研修・セミナーの開催、地域における女性農業者の自発的な取組に対するサポート活動等を実施する事業です。

公募要領をご覧いただき、積極的なご応募をお待ちしております。 公募の詳細については、こちらをご覧ください。 http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/keiei/140206.html

当事務所では申請書等の文章作成に関して、指導・作成等のサポートをさせていただき数々の実績あります。一度ご相談ください。

なお当事務所では来年の個人事業主の帳簿保存義務拡大に向けて、会計記帳サービスを始めました。ご興味ある方々は是非一度ご相談お待ちしてます。(会計記帳サービスはこちらへ)

 

Copyright© 2018 中玉利行政書士事務所 All Rights Reserved.|ログイン
Top